2010年09月16日

通訳業

私が通訳を志したのが25年前で、最初の通訳が電子部品の精度を測定する機械の分野でした。
大学では経済学を専攻していましたので、電気・電子については基本知識程度で、準備するのに
相当時間を費やしたのを覚えています。インターネットなどなかったころでしたので、図書館に
こもって資料を調べていました。
【関連する記事】
posted by 高橋 at 13:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。